shinsatohensai

自動車ローンは目的別ローン

自動車ローンとは、目的別ローンの一種です。それはつまり、借入金の使い道は事前に決められているローンだということです。

ですから自動車を買うためだけに限定されたローンが、自動車ローンなのです。この目的別ローンには他にも住宅ローンや教育ローンなど色々ありますが、考え方はみな同じです。ちなみに借入金の使い道が自由であるローン商品のことは、多目的ローンと言います。

これは、一般的にカードローンと呼ばれている商品のことです。原則として、借入金で何を購入しようとその人の自由です。もちろん、自動車や住宅を購入するために使っても違反などにはなりません。しかし通常は、カードローンで自動車を購入するのは基本的に損です。

なぜなら自動車の購入のためには自動車ローンを利用したほうが金利的に有利だからです。単純にカードローンと自動車ローンとを比較すると、自動車ローンのほうが低金利で利息の支払い負担が小さく済むのです。住宅ローンなどの場合も同様です。

その代わり、目的別ローンの審査は多目的ローンの審査よりも厳しくなります。また、融資してもらえる金額を考えても、多目的ローンよりも目的別ローンのほうが高額のお金を借りることが可能です。

融資してもらったら返済しなければならない

自動車ローンに申し込み手続きをして審査に通ったら、無事に借入ができます。

しかし当然、そのあとにはお金を返さなければなりません。それはカードローンやキャッシングなどと同様、返済約定日やミニマムペイメントなどの約束事をしっかり守って実行しなければなりません。

自動車ローンとなると借入額もカードローンより大きい場合が多いので、返済計画も入念に立てる必要があります。もしも返済トラブルなどを起こしてしまったら、最悪の場合、せっかく購入したマイカーを手放さなければならなくなってしまう危険もあります。

そんな残念なことにだけはならないように、余裕のある返済を心掛けるべきです。もしも余裕のないギリギリの返済計画であれば、事故や病気など、何かあった場合には大変です。

目的別ローンでの借入は、金額が大きければ大きいほど、完済するまでには長期間かかります。ですから、できるだけ余裕があったほうが有利なのです。ちなみに自動車ローンの返済では、普段の返済とは別にボーナス時には多目に返すことも可能です。

このような繰り上げ返済的な手法を積極的に用いれば、その分、完済までの道のりは確実に短くすることができます。

自動車ローンも虚偽申告は絶対駄目

通常のカードローンと自動車ローンとを単純に比較すると、自動車ローンの低金利が非常に魅力的に見えることがあります。

そんな時、つい心の中で、「車を買うフリをして自動車ローンに申し込んで、その借入金で別な物を買いたいな」などと愚かなことを考えてしまうことが時にはあります。しかし、それはれっきとした犯罪行為です。絶対にそんな誘惑に負けてはいけません。

そもそも虚偽申告などはバレます。あらゆる融資には必ず審査がありますが、審査とは申し込む人の嘘を見抜く働きもあるのです。

昔から嘘は泥棒の始まりと言いますので、融資は正直に利用すべきです。

ところで自動車ローンには三種類あります。

一つ目は自動車販売店のローン

二つ目は銀行のローン

三つ目はカードローンなどの多目的ローン

審査の難易度で言うと、銀行のローンが一番厳しいと言えます。なぜなら銀行のローンが一番低金利なので、審査を厳格にせざるを得ないからです。

いずれにしても、何が何でも低金利のローンが良いのなら、銀行の自動車ローンを第一に考えるべきでしょう。

逆に少しでも審査が甘いローンを探したいなら、自動車販売店のローンを探すのが賢明です。ただ、例外的にカードローンを利用したほうがお得になる人も中にはいます。一応、自分のカードローンの融資枠や金利をチェックしてみる価値はあるでしょう。

自動車ローンと車の引き上げ

もしも借入金を返せなくなってしまったら、具体的には一体どうなるのでしょうか。

その際は、最終的には自動車は引き上げられてしまいます。しかし、もちろん引き落とし日に一度でも支払いが遅れてしまっただけで車を引き上げられることなどありません。実際に引き上げられてしまうまでには、幾つかのステップがあるのです。

まずは、郵便による督促です。たとえ支払いが遅れても、その督促のあとに速やかに支払えば何も問題はありません。また、それでも支払えない場合は、今度は郵便だけではなくて電話による督促も来ます。

しかし、電話と郵便による督促のあとも支払えないとなると、次はいよいよ車の引き上げを示唆されてしまうことになります。

これは心に堪えます。可能な限りは、この時点までに何としてでも支払いをすることです。しかし、それなのに支払えないとなると、その時には車の引き上げ日程を約束させられてしまうことになります。

たとえば、「このまま支払ってもらえないなら、何月何日には車を引き上げます。了承してください」という具合です。ここまで来ると事態は本当に深刻です。自動車ローンで車を購入する場合は、こうなる前に何とかすべきです。